ゲゲゲの女房 松下奈緒が大号泣、、向井理は充実の表情

 

http://blog.goo.ne.jp/lawliet1031mi/e/48fd25adf49c68c04a78cb1726afba58

 

8月18日(金)、NHK放送センター(東京・渋谷)にて、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の
クランクアップセレモニーが行われ、主演の松下奈緒さんと向井理さんが出席。
花束贈呈のシーンで松下さんは感極まって号泣し、「本当に“お父さん”が向井さんで
良かったなって思います」と最後には微笑を見せた。

10か月間に及び撮影され、平均18%の視聴率を超えるまでに成長した人気ドラマ
『ゲゲゲの女房』。この日、ラストカットの撮影が無事終了すると、その直後に
セレモニーが開催され、ドラマの衣装そのままの松下さんと向井さんが報道陣の前に登場。
松下さんは「このドラマが終了することを思うと、昨晩は寝られなくて…。この10か月間が
走馬灯のようにフラッシュバックしています」と、号泣しながら撮影終了についての感想を
述べた。

また、松下さんは「私はこの脚本が好きです。この中には毎日人生が変わるような言葉が
ありました」と、感慨深げにコメント。脚本家やスタッフに向かって「今は感謝の言葉
しかありません」と涙を拭いながら挨拶をした。
「(水木しげる役の)向井さんに対して、何か一言」と報道陣からマイクを向けられた
松下さんは、「最初に見たとき、本当にこんな人と結婚するのかな、と思いましたが(笑)、
今は“お父さん”が向井さんで良かったなって思います」とはにかみながら答え、隣に
いた向井さんをも照れさせるひと幕もあった。

連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の放送終了は9月25日(土)。
ドラマの内容に加えて、視聴率がどこまで伸びるのかも注目される。
                             【東京ウォーカー】

女優・松下奈緒(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」
(月~土曜・前8時)が18日、東京・渋谷の同局でクランクアップを迎えた。

 ラストシーンを撮り終え、サプライズの総集VTRが流れると感極まって涙。
一反木綿の紙吹雪も舞い降り、「昨日の夜は眠れなくて…感謝しか言葉がない」と
鼻をすすった。約10か月で2340時間分の撮影。ここまでの最高視聴率は21・8%
で、平均も18%と大ヒットした。「一つの自信になった。この現場で教えてもらったこと
を忘れず、人を幸せにする役者になりたい」と松下。
漫画家の水木しげる(村井茂)を演じた向井理(28)も
「お互いの人生でなくてはならない作品になった」と充実の表情だった。

 

 

 松下奈緒 (1).jpg

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • NHK 連続ドラマ : ゲゲゲの女房 全視聴率平均18%超 松下奈緒主演